B型肝炎訴訟の期限

集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方は給付金を受給出来ます。その推定受給者は45万人とされていますが、実際に受給している方は約3万人とされているのです。そのため、割合は非常に低いと言えるでしょう。そのため、B型肝炎訴訟に関心を持つ方が増えていますが、B型肝炎訴訟には期限が設けられているのです。

期限これまでの期限は平成29年1月12日だったのですが、期限の延長が認められて平成34年1月12日となったのです。しかし、いくら期限が延長されたからといって悠長に考えていてはいけません。B型肝炎訴訟に強い弁護士事務所はありますが、その数は限られています。その中でも弁護士費用の安い事務所はすぐに相談者でいっぱいになってしまうのです。どのような弁護士事務所も基本的に順番に対応を行っているので、相談が遅くなると期限に間に合わない可能性も考えられます。

今回はB型肝炎訴訟の期限延長が認められましたが、これは受給者があまりに少ないからです。しかし、B型肝炎訴訟は徐々に広まっているので、今回のタイミングを逃したら次の延長は無いと考えましょう。そのため、B型肝炎訴訟のラストチャンスと言えるのです。まずは弁護士に相談をしてください。

≪参照HP≫B型肝炎 弁護士

 

訴訟は個人で出来るのか

B型肝炎訴訟には弁護士に相談をするものですが、中には弁護士費用節約のために個人で訴訟を検討する方もいることでしょう。もちろん、弁護士を通さずに訴訟を起こすことは可能です。B型肝炎訴訟では給付金を受け取ることが出来ますので、裁判よりも手続きという認識をしている方もいるため、個人で訴訟を起こそうとしているのでしょう。しかし、B型肝炎訴訟は訴訟のひとつですから、用意すべき書類が決められているのです。そのため、個人でも出来そうなイメージがありますが、そのようなことはありません。

集団予防接種B型肝炎給付金を受け取るには、集団予防接種によって感染したという証拠が必要です。そのために母子手帳や予防接種を受けた証拠が必要なのですが、これらを紛失している方がほとんどでしょう。そういった場合には代替書類を用意することで和解可能ですが、代替書類の用意は一般の方が出来るものではありません。そこは専門的な知識を持つ弁護士の能力が必要なのです。

また、B型肝炎の給付金には弁護士費用の4%が別途支給されるのです。さらに、完全成功報酬の弁護士事務所であれば、給付金を受け取った後に支払いをすることが出来ますので、弁護士費用で悩む心配がありません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

まずは弁護士に相談を

誰もがB型肝炎訴訟という言葉を耳にしたことのある方は多いことでしょう。この訴訟とは国に対して起こすものですが、一般の方でこういった訴訟をしたことのある方は少ないもの。専門的な知識が必要となりますので、自力で訴訟を起こすことは非常に難しいことでしょう。そのため、B型肝炎訴訟を起こす際は弁護士に相談をしなければなりません。どの弁護士事務所でも相談窓口を設けているので、気軽に相談をしましょう。

弁護士それでは、弁護士への相談から和解までの流れについて解説いたします。何よりも訴訟に必要なことは、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したことを証明することです。そのため、証拠となる書類を集めなければなりませんが、弁護士がそういった役目を果たしてくれます。定められた書類が手に入らなかったとしても、代替書類で対応が可能です。

そして、弁護士が遡上を作成してくれるので、その訴状を裁判所に提出をします。もちろん、こういった作業は弁護士がやってくれますので、相談者が裁判所へ出向く必要はありません。そして、6ヶ月~1年ほどで和解が成立し、相談者の症状や病状によって給付金が決まります。そして、和解調書を社会保険診療報酬支払基金に提出すると、給付金を受け取ることが出来るのです。給付金は一度弁護士事務所に振り込まれ、弁護士費用を差し引いた額を受け取ることが出来ます。そのほかに、B型肝炎訴訟に関する注意点がありますので、こちらでご紹介いたしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket